「美しき地方の時代」と「新陳代謝可能な日本」の創造を目指し・・・

キーワード

直近のトレンドの中から注目されるキーワードは、以下の通りです。

#1 TOKYO 2020
#2 ウェアラブル
#3 リスクマネジメント
#4 グローバル人材
#5 アジアサーキット
#6 宇宙開発
#7 インフラ輸出(高速鉄道、原子力)


● #1 TOKYO 2020
2020年に開催される東京オリンピックに関する話題に注目。大会開催に向けた動き、また、2020年を超えた日本あるいは首都・東京のあり方、さらには、地方へと波及する影響などについてフォーカスしていきます。

 -ソチ2014から東京2020への助走
          (2014年2月23日)

 -都知事選と東京オリンピック2020年
          (2014年2月2日)

● #2 ウェアラブル
各社によるウェアラブル製品の開発が相次いでいます。腕時計、眼鏡、ウェア、指輪など、ウェアラブルとして登場する製品の仕様も多様になるなか、ファッションと生活の中にどう製品を浸透させるかがカギになると考えます。

 -ウェアラブルの協奏曲と狂想曲
          (2014年2月4日)

● #3 リスクマネジメント
様々なリスク事象の中でも、「首都直下地震」ならびに「海外安全、カントリーリスク」に重点を置いています。発生したリスクへの対応だけでなく、過去の事例の教訓から個人、企業、自治体等へのリスク波及を予想し、未然に防ぐことも、重要なポイントとなります。

 -海外出張&旅行のリスクマネジメント
          (2014年2月10日)

● #4 グローバル人材
留学や駐在などにより習得した語学力を駆使し、広く海外で活躍する人材を指すのではなく、国内外を問わず、グローバルな舞台で自分自身のスキル、プレゼンテーション能力をもって立ち振る舞える人材と定義し、そのために何が必要かを考えていきます。

 -グローバル人材は、地球規模人材
          (2014年2月7日)

● #5 アジアサーキット
新たな概念として提唱する「アジアサーキット」。東京、北京、上海、香港、台北、シンガポールのアジア6都市での都市開発、グローバル人材の育成、ビジネス環境などについて注目していきます。




● #6 宇宙開発
宇宙の時代を迎え、ものづくり大国・日本として、今後どのように宇宙開発で世界をリードしていくべきか。
中国が月面探査、インドが火星を目指す中で、日本が国産ジェット機開発を含め、ロケット・航空機ビジネスをどう展開すべきか、動向を注視しています。


● #7 インフラ輸出(高速鉄道、原子力)
政府が注力するパッケージ型インフラの輸出。その中でも、高速鉄道、 原子力発電所の分野に注目し、官民一体となったマーケティングの現状、知的財産権の問題、参入に際しての戦略策定に関して考えていきます。