「美しき地方の時代」と「新陳代謝可能な日本」の創造を目指し・・・

注目ニュース

2017年9月

イノベーション

百度、携帯用自動翻訳機を開発
中国のインターネット検索最大手の百度は、携帯できる自動翻訳機を開発した。中国語で話しかけると、AIなどを駆使した音声認識技術や自動翻訳技術によって、日本語や英語に翻訳する。まずは中国人旅行者を対象に販売、レンタルを開始する。日本では2018年春頃に市場投入を検討している。(2017/09/21)

日立、米にIoT事業の世界本社
日立製作所がIoT事業を海外で本格的に展開する。米IT子会社2社を統合して新たに「日立ヴァンタラ」を設立。グループ全体のIT人材の約3分の1となる7000人が集結する大型拠点となる。日立のIoTサービスは交通、エネルギー、スマートシティなどインフラ事業分野での強みを持っており、世界各国で需要が増えているインフラ開発などの受注拡大を目指す。(2017/09/20)

アジア

中国共産党、孫政才氏の党籍はく奪
前重慶市トップで2017年7月下旬に突然解任、摘発された孫政才氏について、中国共産党は2017年9月29日、中央政治局会議を開き、同氏の党籍をはく奪することを決めた。巨額の金品を受け取るなど深刻な規律違反があったとして、今後刑事責任を追及していく方針が示された。(2017/09/29)

中国、北朝鮮への輸入制限措置
中国商務省は国連安全保障理事会決議に基づき、2017年9月23日から、北朝鮮への石油精製品の輸出制限などを柱とする経済制裁措置を実施すると発表した。中国はすでに北朝鮮からの石炭や鉄鉱石、海産物などの輸入を禁止しているが、繊維製品の輸入も禁止する。北朝鮮経済への影響は必至。(2017/09/23)

中国最大のビットコイン取引所、取引業務の9月末停止を発表
中国最大のビットコイン取引所「BTC China」は2017年9月14日、9月末までにすべてのビットコインの取引業務を停止すると発表した。新規ユーザー登録も同日付で停止した。この発表を受け、午後4時すぎ1ビットコインあたり43万円だったビットコインの価格は午後9時前に39万円まで下落した。(2017/09/16)

台湾、新内閣発足
台湾の蔡英文政権が2017年9月8日、頼清徳・行政院長(首相に相当)による新内閣を発足させた。頼氏は民進党の人気議員で、蔡氏の次の総統候補として見られている。蔡政権は中国による台湾への圧力強化や、労働基準法の改正や年金改革などの政策に対し、国民党の反対でスピード感を持った政権運営ができておらず、支持率の低下が続いている。(2017/09/09)

北朝鮮、過去最大の核実験
北朝鮮は2017年9月3日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)用の水素爆弾の実験に成功したと発表した。核実験は2016年9月9日以来、約1年ぶり。日本、韓国両政府は同日午後0時29分ごろ、北朝鮮の豊渓里周辺で、自然地震とは異なる地震波を観測した。前回の核実験を上回るマグニチュードで、過去最大の爆発エネルギーだったとみられる。国連安全保障理事会は近日中に緊急会合を開く見通し。(2017/09/03)

リスク

日産、無資格者が完成車検査に従事
日産自動車は2017年9月29日、無資格の検査員が完成車検査を行っていたことを明らかにした。国土交通省の工場立ち入り調査で判明したもので、追浜工場、栃木工場、日産九州など、国内の全6工場で実施されていた。検査をやり直すため、軽自動車を除く全21車種、約6万台の在庫車については、登録手続きを一時停止する。(2017/09/30)

バリ島で火山噴火の危険性
インドネシア・バリ島で50年ぶりに火山が噴火する可能性が高まっているとして、インドネシア政府はこれまでに12万人が避難していることを明らかにした。バリ島アグン山では噴火に向けた兆候が高まっているとして、1000人以上の死者を出した1963年の噴火以来、警戒レベルを強めている。(2017/09/29)



お問合せは こちら