「美しき地方の時代」と「新陳代謝可能な日本」の創造を目指し・・・

注目ニュース

2016年1月

イノベーション

トヨタ、沖縄で超小型EV実証実験
トヨタ自動車は2016年1月18日、超小型電気自動車(EV)を使った次世代交通システム「ハーモ」の実証実験を沖縄県で始めた。期間は1年間。JTBグループなどと連携して、観光客向けのシェアサービスを行う。1人乗りEV「コムス」にタブレットを搭載、アプリを使って観光案内を行う。ハーモの実証実験は、愛知県豊田市、首都圏、フランス・グルノーブルに続く4か所目。(2016/01/18)

ハイアール、米GE家電事業買収
中国の家電大手、海爾集団(ハイアール)は2016年1月15日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の家電事業を買収すると発表した。買収額は54億ドル(約6370億円)。GEのブランド力を生かし、先進国市場の開拓に力を入れる。ハイアールの家電市場シェア(英ユーロモニター調査)は世界第7位だが、買収によりハイアール・GE連合は5位に浮上する。ハイアールは米国内の9つの工場を傘下に収めるほか、GEの雇用も継続する予定。
(2016/01/16)

アジア

訪日外国人客数、過去最多1973万人
日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2015年の訪日外国人客数(推計値)は1973万人で、前年より47%増加し過去最高となった。訪日客数は4年連続での増加。特に中国からの訪日客が2014年の2倍強、499万人だった。(2016/01/19)

台湾総統選、野党・蔡氏が当選
台湾の総統選挙が2016年1月16日に行われた。即日開票の結果、野党・民進党の蔡英文主席(59)が56%以上の得票率で当選し、8年ぶりの政権交代を実現した。また、同時に行われた立法院(国会に相当)選挙でも、定数113議席に対し民進党が68議席を得て、初めて単独過半数を確保した。国民党は64議席から35議席に大幅に減少。朱立倫・国民党主席は1月16日夜、辞任を表明した。(2016/01/16)

ジャカルタで爆発、イスラム国が犯行声明
インドネシアの首都ジャカルタの中心部で2016年1月14日、複数の爆発が発生し、容疑者らを含む7人が死亡、20人が負傷した。過激派組織「イスラム国(IS)」による犯行声明がインターネットに出されたが、ISによるインドネシアでのテロ行為は初めて。現場は大型ショッピングセンター前で、ビジネスマンや買い物客など人通りの多い場所。(2015/01/15)

北朝鮮が初の水爆実験
北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは2016年1月6日、特別重大報道で、水素爆弾実験を行い、成功したと発表した。北朝鮮による核実験は、2006年10月、2009年5月、2013年2月に次いで4回目。実験の実施場所は明らかにされていないが、韓国政府は、北朝鮮北東部の核実験場付近で人工地震が観測されたと発表した。今回の水爆実験については、金正恩第一書記が2015年12月15日に発令、2016年1月3日に最終的な実行(1月6日実施)が命令された書面も公開された。(2016/01/06)

リスク

スキーバス事故
長野県軽井沢町の国道18号の入山峠付近で2016年1月15日未明、斑尾高原に向かっていたスキーツアーの大型バス(乗客・乗員計41人)が道路脇から転落し15人(事故から3日目に死亡した男性を含む)が死亡する事故が起きた。バス会社「イーエスピー」は事故2日前の1月13日、運転手の健康診断や入社時の適性検査の実施などを怠っていたとの法令違反で、バス1台について20日間の運行停止処分を受けていた。運転手からアルコールなどは検知されていない。事故現場はツアー行程表とは違う一般道路だった。(2016/01/19)

CoCo壱番屋の廃棄カツを転売
CoCo壱番屋を運営する壱番屋が2016年1月13日、廃棄処分扱いにしたトッピング用の冷凍ビーフカツ約5000枚が愛知県のスーパー2店で販売されていたことを発表した。カレーのトッピング用のカツは2015年9月、異物混入の疑いがあるとして、産業廃棄物処理業者「ダイコー」に廃棄を依頼していたが、同社から「みのりフーズ」(岐阜県羽鳥市)に対象商品が横流しされていたと見られる。(2016/01/13)

株式市場、続落
2016年の東京株式市場は、日経平均株価が年初から5日連続で下落したまま取引を終えるという、戦後初の状況となった。中国経済の先行きに対する不安が市場に広がったかたち。中国政府は株価下落を抑制するため、人民元基準値を9営業日ぶりに元高に設定した。また、株価が乱高下すると取引を停止する「サーキットブレーカー」制度を1月4日から導入したが、マイナスの影響のほうが大きいため、一時停止することを決めた。(2016/01/08)



お問合せは こちら